ウチとダンナとガンプラと。終わりなき三角関係。


by ikaremanbo

糸くずの行方・・・。

子がいると、子ネタが多くなってしまうもので・・・。

子供を寝かしつけると、子供より先に寝てしまうサザエさん状態に私も陥っている。
そして、今日の子供のお昼寝もやっぱり私が先に撃沈してしまった。
すると、何やら口の辺りにモゾモゾ感が・・・。
薄目を開けると、愛する我が子が糸くずらしきものを摘まみ、懸命に私の口に詰め込んでいる。
『何をしてますのん?0歳児・・・。』

そんな毎日だけど、今は我が子の全ての行動が“ザ・成長”って感じで面白い。
[PR]
# by ikaremanbo | 2009-08-14 17:04 | 日常

空と君のあいだに。。

子供をあやしていると、ダンナが一言。
『えらいなぁ・・・。』
感心でもしているのかと思ったら、
『僕そんなアホみたいになられへんわ。』

ダンナには‘アホ呼ばわり’されたって
“キミが笑ってくれるなら、ワタシはアホにでもなる”
ん?こんな歌あったような・・・。
[PR]
# by ikaremanbo | 2009-02-13 21:26 | 日常

陣痛の向こう側

今年は、妊娠そして出産を経験した。

超音波写真に写った初めて見た我が子は、ビー玉のようだった。
こんなビー玉ちゃんが、人間に進化するんやろかなんて思っていたけど、胎児の成長力と生命力は思っていたより随分とたくましいものだった。
それと同時に私のお腹もどんどん膨らんでいった。
エレベーターで乗り合わせた人や、清掃係りのおっちゃん、スーパーのレジのおばちゃん、コーナンのおばちゃん、道で会う見ず知らずの人、いろんな人が声を掛けてくれた。
『えらいお腹おっきいねぇ。頑張ってねぇ。』って。
私のお腹は、ほんまに大玉のスイカを入れてる様で、毎日がドリフのコントのような状態になっていた。

予定日も近づいたある日の夜だった。
下腹部に違和感と鈍痛が・・・。
これは前駆陣痛(ニセモノの陣痛)や時期に治まるやろ、寝てしまおう!
と勝手に思い込んで横になると、やっぱりイ、イタイ・・・。
それが、長い陣痛の幕開けだった。
次の日仕事のダンナを起こしたらあかんと思いつつも、『うぅー。』と唸ってしまう。
目を覚ましたダンナも一晩中腰をさすってくれたりしていた。
朝を向かえ二人とも寝不足のまま、ダンナは仕事へ、私は出産に臨んだ。

入院し、陣痛とひたすら闘っていた。
とにかく痛い。
どうにもならんこと百も承知だったが、
『せんせー、めっっちゃ痛いんですけどなんとかなりません?』と聞くと
『痛いのはしゃあないわ~。でもそろそろ破水させようか?それとも、もう少し陣痛楽しみたい?』と返された。
私は即答で『もう十分ですっ!』
と言いはしたものの、自然の流れに任せる方を選択した私はその時破水はさせず、結局陣痛をもう少し楽しむ??事となった。
その頃ダンナが駆けつけた。
ダンナさんの立ち会い出産にありがちな『手を握っていてね。』
なんて事はなく、
『赤ちゃんが出てきやすいよう広げた足を押さえつけといてくれぃ!』と私は叫んでいた。(ナマナマしくてすみません。)
あの時は、もう色気もへったくれもなかった。
私は産むのに必死で、ダンナは私の足を押さえつけるのに必死だった。
そんな必死のパッチの私たちの出産現場に、力強い声が響いた。
産声だった。

陣痛の向こう側にあった“モノ”
それは私が今まで手にしたものの中で、一番愛しく一番重たい“モノ”だった。

あの時の私は、この子さえいればもう何も望まぬ!って確かに思えたはずなのに、今、私は年末ジャンボ宝くじを買いそびれた事を悔やんでいる(泣)

やっぱり消えてはいなかった私の煩悩・・・。



皆様、どうぞ良いお年を。。。
[PR]
# by ikaremanbo | 2008-12-27 21:41 | 日常

夏の風物詩

ワンフェスも終わり、やっとダンナも人並みの睡眠時間と日常生活を取り戻している。
そんなこんなで今日は、我が鈴木家の恒例行事になりつつある弁天さんの花火大会見物へ・・・。

昨年は、昔自分で作ったが為に一番メインの前身頃が逆になってしまった浴衣を引っぱり出して、それ着て現地まで行ったけど、今年はダンナの実家の近くの堤防で見物。
繊細さと豪快さを併せ持つ花火を見たら、やっぱりテンション上がってしまう。

日々続く夏の暑さにやられぎみな心と体も、今日の花火と冷蔵庫に冷えているスイカでリフレッシュできそうです。
[PR]
# by ikaremanbo | 2008-08-08 23:29 | 日常
ご無沙汰してました。。。


“槇原敬之みたいな感性を持ったハリソン・フォードみたいな人!”
学生時代、クラスで作った文集に私が書いていた「あなたの理想のタイプは?」の回答がコレだった。
優しい人だとか面白い人だとかあたりさわりのない事書いときゃいいのに、一生懸命考えた回答がアレだったので、今更ながら少し恥ずかしくなった。

そんな思い出がある位、ハリソン・フォードが気に入っていた私はインディ・ジョーンズは、とても楽しみにしていた映画だった。
先日観に行ってきた。
父親よりも年上のハリソン・フォード。
歳を重ねたインディだったけど、あの帽子と革ジャンにムチ姿には今だって誰もかなわない。
と私は思う。

先月末がロードショーだったので、ご覧になった方々も沢山いると思うけど、ラストは驚いた。
納得のラストか。あーだこーだ言うか。
賛否両論ある感じです。
私は19年ぶりにインディ・ジョーンズをまたこうして映画館で観れた事が、何より大満足だった。

インディ・ジョーンズは観れるし、阪神優勝しそうやし、今年は良い年になりそうです。
[PR]
# by ikaremanbo | 2008-07-28 23:16 | 日常
ここ最近ずっと気になっていた映画を見に行ってきた。
“アイ・アム・レジェンド”

『なんで、NYでひとりぽっちになってんの?』
『予告で出てきた、ゾンビみたいなんは何者?』
『たった一人で、どうやって未来を開拓していくつもりなんやろう?』
などと、フィクションのお話しに、これまたムキになるのもどうかと思いながらも、気になって仕方なかった。

見終わった今、やっと全ての謎が解けて、すっきりだ。
『面白かったけど、なんで、あの場面をそういう話にするんやろ・・・。私やったら、こうするのに!』
などと、あーだこーだ言っても仕方ないのに、寒空の下あーだこーだ言いながら家路に着いた。
[PR]
# by ikaremanbo | 2007-12-22 22:31 | 日常

ザ・回転寿司。

回転寿司を食べに行った。
お寿司ってやつは、ほんとにおいしい。

食べているその横で、クルクル回り続ける大量のお寿司たち。
『飽食日本の象徴やな。』と思いながら頂いている。

そこの回転寿司には、ちょっとしたサービスマシーンがある。
5皿毎にカウントされ、スロットマシーンみたいなものが作動する。
当たると、どちらかというと特にいらない景品が出てくる。

食べ進め皿をカウントしていく。
5皿目、ハズレ。
10皿目、ハズレ。
するといつしか、私の心に点かなくてもいい火が点いた。
『当ててみせるぅ~。』
こんな些細な事にムキになる自分が、ほんま大人げない。
そして、ムキになって食べた15皿目の時。。。(一人で15皿食べた訳ではありませんが・・・。)
e0104848_21515419.jpg

こんなん出ましたけど~。
ひこにゃんは背景で、手前にいるハチマキ巻いて頑張っている“カレ”
かわいいマグネット!
当たった瞬間、『やったー。』と思わず声を上げてしまう私・・・。
この歳になっても、まだまだ自分の青さがチラつく今日この頃です。
[PR]
# by ikaremanbo | 2007-12-12 22:16 | かわいいモノ

去りゆく秋。

紅葉や、桜たちは私たちを待っていてはくれない。
油断してると、すぐに過ぎ去ってしまう。
見逃す訳にはいかないので、先日もみじ狩りに出かけた。

ぎりぎりセーフだ。
e0104848_16295349.jpg

だって、まだまだこんなに美しい。

散策していると、たわわに実がなっている柿の木を見つけた。
e0104848_16372399.jpg

『柿、おいしそう。。。』なんて思いながら上を見上げると、そこには澄んだ空があった。

春夏秋冬。
四季のあるこの国に生まれることができて、幸せやなぁ。
そう思える一日でした。
[PR]
# by ikaremanbo | 2007-12-10 16:57 | 日常

ズルい声。

今日、友人とリーガロイヤルホテルでランチをした。
おすすめの料理を食べて、ケーキとチョコレートフォンデュでシメを。。。
今頃働いているダンナに、少しばかりの罪悪感を感じつつ、お腹いっぱい美味しくいただいた。

食事をしていると、ホテルの人がバラを一輪、私に差し出してくれた。
少し前に誕生日を迎えた私への、友人の計らいだった。
そんな小粋な事をしてくれる、ホテルの人と友人に感謝している。

食事の後、大阪市立科学館へプラネタリウムを見に行った。

座席に座って上を見上げる。
そこには満天の星。
すると星の世界にいざなう、穏やかで吸い込まれそうな声が館内に響きわたる。

そこから私の記憶がとんでいる。
お腹いっぱいのところに、あんな声を聞かされたら・・・。
私は、いつの間にか星の世界ではなく、眠りの世界へといざなわれてしまっていた(><;)。
隣りに座っていた私の友人も、一緒に・・・。

『あーぁ、やってしもた・・・。』
プラネタリウム、好きやのに(泣)。
自分の失態を人のせいにするのもなんですが、あの声はズルいよぅ!
[PR]
# by ikaremanbo | 2007-11-23 23:14 | 友達

原チャリの男。

借りていたDVDを返しにレンタルビデオ屋さんに行った。
『さて帰ろう。』と思い自転車をこいでいると、前方で私に向かって優しい笑顔を振りまいてくれている原チャリの男がいた。
でも視力のよくない私には、誰だか分からなくて、大分接近したところでようやく分かった。
『あー!おっちゃーん!』
昔、仕事帰りに時々寄っていた居酒屋の大将だ。(仕事帰りに居酒屋に寄るおっさんのようなウチ・・・。)
お店に行ってたのはもうかれこれ7、8年も前なのに、私を発見してくれたおっちゃん。
『元気ー?風邪ひかんようになー。』
そう言って原チャリに乗ったおっちゃんは、颯爽と去っていった。

ほんの数十秒の出来事だったけど、それだけでなんだか今日は、とても良き一日でした。
[PR]
# by ikaremanbo | 2007-11-19 20:16 | 日常